授業内容 授業内容

ブックデザインの世界(全2回)

書体や文字組み、紙、印刷、製本など本の魅力を生み出すポイントを知り、ブックデザインの考えかたを学ぶ入門講座。
DSC_1392 (1)
日 程:
  • 1時間目 2016年2月20日(土) 14:00-16:00
  • 2時間目 2016年3月05日(土) 14:00-16:00
授業料:
全回:15,000円
1回 :7,500円
講 師:
  • 渡邉翔
場 所:

授業内容

ブックデザインを知ろう

私たちは日々何気なく、デザイナーの手によってデザインされているたくさんのものに触れています。紙に印刷された「書物」もまたそのひとつ。

名作デザインと言われる書物には、デザイナーのこだわりがつまっています。文字組版と読みやすさにこだわっているもの、クオリティの高い印刷にこだわっているもの、本のとじかたにこだわっているもの、感触にこだわっているものなど、鋭い感覚から生まれる多彩な表現があります。

この授業では、書体やレイアウト、紙や印刷、製本など、さまざまな要素を考えかたちにされた「美しい書物」とはいったいどんなふうに作られているのか、実際の書物に触れながら、ブックデザインの奥深い世界を学んでいきます。

活字に対する視点を育もう

文字はヴィジュアル・デザインの基本となる要素です。文字を組むときの考え方や、世界のデザイナーによる美しい書物の成り立ちを知り、活字に関わるデザインの考え方を学びましょう。

文字組みのルールや作法を学ぶことで、書物だけでなく、その他の様々なデザインを見る視点も広がり、本以外のデザインにおいても知識を生かすことができます。

ブックデザイナーであり、活字やタイポグラフィの研究もされている専門家の渡邉翔先生と、めくるめくブックデザインの世界を一緒に旅しましょう!

こんな方にオススメ!

◇本や紙、印刷が好き
◇書体やタイポグラフィ、文字の組み方について知りたい
◇デザインの仕事をしているけれど、もっと視点を広げたい
◇名作デザインに触れたい

カリキュラムのご紹介

  • 1時間目

    2016年2月20日(土) 14:00-16:00

    書物設計の基本を知ろう

    「本」を「デザイン」するとは?本を解体し、色々な要素を調べたり測ったりしてみよう。ブックデザインのプロセスを逆に辿ることで、デザイナーが何を考えて本をデザインしているのか、その秘密を知るワークショップ。

  • 2時間目

    2016年3月05日(土) 14:00-16:00

    ブックデザイン博覧会

    世界の貴重なブックデザインを実際に手に取れるように多数展示。本の美しさに直接ふれながら、1時間目で学んだ造本の「考え方」を生かして分析し、感じた魅力を話し合ってみよう。造本への視点をより深める対話講座。

講師のご紹介

  • 85

    渡邉翔

    WATANABE Sho

    ブックデザイナー
    1986年東京生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。在学時よりタイポグラフィの巨匠ヤン・チヒョルトの著作翻訳と復刻を中心に、組版理論と書籍形成を研究。2013年、『アシンメトリック・タイポグラフィ』邦訳版を鹿島出版会より上梓。